グルメ

『シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事』毎朝1杯のバターコーヒーでパフォーマンスを上げよう!

『シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事』という本をご存知でしょうか。

[itemlink post_id=”1210″]

2015年に販売され、現在までに17万部以上を売り上げた大ベストセラー
当時はセレブがこぞって真似をしていました。

自らの体を“バイオハック”して、体重を落として、脳のパフォーマンスを上げる。

肥満大国アメリカの食生活を変えたといわれる本です。

著者デイヴ・アスプリーについて

IT起業家でマーケターで投資家
MBAも取得し、eコマースを初めておこない
シリコンバレーで大成功している実業家です。

そんな彼が、自らの肥満と体調不良を改善するために
100人以上の栄養士や医学博士などのエキスパートから引き出した知識と、
10年間、30万ドル以上のコストを費やし、
世界中のダイエットを体験し、
自分をバイオハックした結果に基づいて書かれています。

『シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事』を読んで食べ物に対する意識が変わる

この本には
食べて良いものと悪いもの、
食べ物次第でIQが変わること、
“我慢”や“努力”がたりないから痩せられないわけではないこと、
身体や脳に良い食べ物のレシピなども記載されており、
私は一読しただけで、食べ物に対する意識が大きく変わりました。

『バターコーヒー』について

特に話題になった『完全無欠コーヒー(通称:バターコーヒー)』を紹介します。

コーヒーとバターとオイルを混ぜ合わせるだけで
ブラックが苦手な人でも砂糖なしで飲めるくらい、
とてもクリーミーで美味しいコーヒーになります。

この本に出合ってから、ほぼ毎日欠かさず飲んでいます。
それは脳のパフォーマンスを上げたいからではなく、
単にとても美味しいからです。

『バターコーヒー』のルール

いくつか必ず守らなければいけないルールがあります。

『バターコーヒー』のルール
  • 良質なコーヒー豆であること
  • 金属のフィルターで淹れること
  • グラスフェッドの無塩バターであること
  • MCTオイルであること
  • しっかりと混ぜ合わせること

それだけで、脳を生き返らせてくれ、食への渇望を抑制してくれます。

“バターコーヒー 作り方 かんたん”とかで検索すると
インスタントコーヒーだったり
ただの無塩バターだったり
シェイカーで混ぜ合わせるだけだったり
ルール無視の間違ったバターコーヒーを拡散している人がいます。

そんなだから当然美味しくないし、ダイエットどころかパフォーマンスも上がりません。

ちなみに我が家のバターコーヒー1杯あたりのコストは100円程度です。

これを高いと思うか安いと思うかわかりません。

スターバックスで1杯500円も払い、大して美味しくもないコーヒーを飲むくらいなら
ダイエットついでに、脳のパフォーマンスも上げてしまいましょう!

用意するもの(我が家で使っているもの)

小川珈琲スペシャリティ009

[itemlink post_id=”1212″]

グラスフェッドバター(牧草のみで育った牛のバター)

[itemlink post_id=”1213″]

MCTオイル

[itemlink post_id=”1214″]

フレンチプレス

[itemlink post_id=”1215″]

ブレンダー

[itemlink post_id=”1216″]

作り方

大さじ2杯のコーヒーをフレンチプレスに入れ、bodumの“d”のところまでお湯を注ぎ4分じっくり蒸らします。

bodumフレンチプレス

ブレンダーに画像くらいのグラスフェッドバター(14g)と大さじ2杯のMCTオイルを入れます。

4分たったらブレンダーにコーヒーを注ぎ、30秒から1分程度しっかり撹拌します。

完成です。

毎朝、このコーヒーから1日が始まります。

とてもクリーミーでおいしいので、ぜひ試してください。

[itemlink post_id=”1210″]